スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.05.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ワイルドウィリス アクスルシャフトの修理

ワイルドウィリスのレストアで、タイヤのひび割れとともに「あるある」となっているアクスルシャフトの破損を修理しました。
あれ?前、修理してなかったっけ?と思われるかもしれませんが、、、。それらとはまた別の車体です。
実は、、もう2台、入手してしまっていました。
ずいぶん前に入手したのですが、自分でもワイルドウィリス依存症?とか思って、怖くなって、大ざっぱに分解して、隠して、放置しておりました。
(アクスルシャフトが折れてしまったのも、放置していた原因)


今回は、そのアクスルシャフトを、メタルDIYさんに持ち込んで、修理させてもらいました。
金属加工のコミュニティ&レンタル工房 メタルDIY横浜



メタルDIYは6月に横浜にオープンする、初心者でもプロの指導のもと、金属加工ができる施設です。

この施設が企画段階の時に、zenmonoというクラウドファンディングで資金を募集していて、3000円支援してみました。
今回、その、パトロンとしての権利(平日3時間利用券)を行使しに、オープン前に行ってきたのでした。


 
なれない装置の取り扱いで、作業中は真剣そのものだったので、写真とかないのですが、
前回、家でホビーリューターで作業した時は(近所から苦情が来ないかどきどきしながら)何時間もかかった作業が、数十分で出来てしまいました。(実際機械で削ってる時間は数分なのですが、削れ具合を何度も確かめたりするでそれなりに時間はかかりました。)

修理法は、前回同様、
kobakoさんのブログの記事を参考にした、
アクスルシャフトの内側を削って、そこにかわりのパイプを差し込む方法です。

↓そして作業後はコチラ。見事にアクスルシャフトにアルミパイプを差し込む穴を空ける事ができました。
しかし、アクシデントも発生しました!!。1本目は、フチが欠けてしまいました、、、。
ボール盤で穴を空ける時に、アクスルシャフトを固定している万力をおさえる手がドリルの振動でぶれてしまったからか、
もともと、ヒビが入っていたのか、原因は分かりませんが、残念、、。
で、2本目は、メタルDIYのアドバイザー・杉田さんに、途中までちょっとやってもらっちゃいました。

↓アクスルシャフトとアルミパイプの接着は、エポキシ接着剤でおこないました。


↓欠けてしまったほうは、エポキシパテを充填しました。

↓接着剤とパテが硬化したら、紙ヤスリで整えて、無事、修理完了です!!

 
車体はまだバラバラなので、完成はまだまだ先かと思います…。

 
JUGEMテーマ:ラジコン

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM