スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.05.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ワイルドウィリス(3台目) ギアボックス塗装

今週はギアボックスをシルバーに塗っただけで終わりました。
バギーチャンプなどの金属のギアボックスの質感を狙ったのですが、どうか。
ギアボックス単体でみると、いかにも「プラスチックにシルバー塗りました」という感じなのですが、
全ての部品が組み上がったら、もう少しいい感じに見えるんじゃないかな、と都合良く期待しています。
JUGEMテーマ:ラジコン

ワイルドウィリス(3台目) 紙製ボディー

今週は、紙製ボディーにウインチを付けたり、ゼッケンを付けたりしてました。
だんだん完成に近づいてきました!

JUGEMテーマ:ラジコン

ワイルドウィリス(3台目) 紙製ボディー

暇を見つけては紙製ボディーに、アクリル絵の具で着色する日々が続いています。
どうせ紙なんだし、と、肩の力をぬいて、筆塗りで仕上げようとしています。
それはそれで、なんだか不思議な風合いが出てきました!

JUGEMテーマ:ラジコン

ワイルドウィリス(3台目) 紙製ドライバー人形

ボディーに続き、ドライバー人形もペーパークラフトで製作しました。
3DCGソフトで設計し、ペパクラデザイナーというソフトで、展開図に書き出しました。
JUGEMテーマ:ラジコン

 

ワイルドウィリス(3台目) 紙製ボディ

ワリルドウィリスも、もう3台目になってくると、ボディーの手入れなど、手間のかかる作業にうんざりし、モチベーションがさがってしまいまして、しばらくの間放置してしまったのですが、新しいボディーをなんと、紙で製作しようと思い立って、なんとかまた作業に没頭できるようになってきました。

憧れのラジコン「シボレー ブレイジングブレイザー」のモデルでもある、bajaレースに出ていた「ルーフウイングがついたブロンコ」を、モデルにしています。
試作に試作を重ね、だいぶイメージ通りになってきました。
(写真のシャーシは1台目です。3台目はまだバラバラ…。)

 
JUGEMテーマ:ラジコン

ワイルドウィリスのホイールハブのスプリングピンの抜き方

ワイルドウィリスの分解で、頭を悩ますのが、ホイールハブのスプリングピンの抜き方。
専用の工具があるらしいのですが、僕はこんな感じで抜きました。

小さいビスを、スプリングピンの上にそっと置いて…

プライヤーで上から挟み込んで抜き出しました。
ビスは、最初は短いもの、次に長いもの、と段階を踏むと作業しやすいです。

ある程度ピンが頭を出したら、それをペンチ等で引っこ抜けばよいと思います。
分解後は、次にばらす時に困らないよう、スプリングピンではなく、普通のピンに交換しておくと楽かと思います。

JUGEMテーマ:ラジコン

ワイルドウィリス(3台目) 鋳造風ギアボックス

ギアボックスをスポンジヤスリで磨きました。
磨きながら、樹脂製パーツって、いまいちテンション上がらんなあ…と。
ぼやいておりました。
もしこのギアボックスがバギーチャンプや、ハイラックスみたいな
金属製だったら、もうちょっと燃えるのになあ…と。

そして、思いつきました!
そうだ、(ほんとに金属にするのは無理だけど)金属製っぽくしてみよう!!と。

プラモデルの戦車などでプラスチックを「鋳造風」に加工するテクニックがあるのですが、
それを今回は、ラジコンのシャーシで挑戦してみます。そんな人、あんまりいなさそう!
まず、ぼろぼろの筆に、溶きパテを少しつけて、叩くように、パーツに塗り付けてみました。

やりすぎた所や、毛羽立ったところは、スポンジやすりで、ちょっと整えて、
サフェーサーを、ワザとザラザラになるように、少し離れたところから、軽く、薄く、吹きました。


サフを吹くと、また、やりすぎてるところや、毛羽立ってるところが見えて来たので、
もう一度軽く整えてから、塗装に移ろうと思います。

仕上がりのイメージは、全くありません。どうなることやら〜。

JUGEMテーマ:ラジコン


ワイルドウィリス(3台目) 部品の複製

ワイルドウィリス3台目ですが、どうも部品を一つ紛失したようです。
リアサスペンションのスプリングの下側のフタ(▼写真右)です。
2台目のウィリスから持ってくることしようと思うのですが。
そのままだと2台目のウィリスが可哀想なので、
今回はそれを「おゆまるコピー+金属パテ」で複製しようと思います。
2台目のウィリスは同じスプリングの上側のフタ(▼写真左)も1つ無いので、
それもこの機会に複製しちゃいます。
↑リアサスペンションのスプリングの蓋。
お湯につけてグニャグニャにしたおゆまるに、パーツを埋め込んで、
型を作ります。型のフチに、爪楊枝の裏などでくぼみ(写真の青丸部分)を付けておくと、
それがダボ穴になり、もう片側の型としっかり噛み合う型を作れます。
その後、型をしっかり冷やします。(冷やすと「おゆまる」が固まります。)
(▼写真は保冷剤で冷やしてる所。でも水で充分かと思います。)
しっかり冷えた型にまた「おゆまる」を押し付けて、もう片側の型を製作します。
この時に、型のフチをカールさせて、もう片方の型におおいかぶさる部分を少し作っておくと、そこがフックになって、しっかり合わせることができる型がつくれます。
(この写真だとわからないですね…。下の写真の青丸部分を参照してください。)
その後、またすぐに冷やします。 
型をしっかり冷やすのは、型同士がくっつかないようにする目的もあります。
2つの型をパカッと外し、中の部品を取り外すと、型の完成です。
その型に、パテなどを詰めて、型同士をしっかりと合わせます。
今回はダイソーの「金属用補修パテ」を使いました。
型に詰めるパテは少な過ぎると、部品が欠けてしまうし、
多過ぎると、型がしっかり合わず、部品が分厚くなってしまいます…。
難しい。
(下の写真ではちょっとパテ多かったみたいですね。)
しっかりパテが固まったら、型から複製品を取り出します。
簡易な型ですし、詰めるパテの量の調整も難しいので、
精度はそんなに高くないです…。 
その後、はみ出してる余分なパテを取り除いたり、
分厚くなってしまった部分を削ったり、修正作業をして、
複製品の完成となります。
たいした手間もかからず、材料費も安いので、
必要な数より多めに作って、そのなかから精度が良い物だけ、選んで仕上げると
いい気がします。
さて、今回使用したダイソーの「金属補修用パテ」、使いやすいし、強度もありそう!(まだ走行させてないので、本当のところはわかりませんが…)
(色が黒なのが少し残念。金属用と聴いて勝手に銀色をイメージしてたので。)
今後大活躍しそうな素材です。

追記。2014年5月、この複製した部品の一つが割れてしまいました。他の部品は無事だったので、
パテの主剤と硬化剤の分量が問題の、個体差かもしれませんが
一応、違うパテで再度作り直しました。

ワイルドウィリス(3台目) 部品の複製「2」

 
JUGEMテーマ:ラジコン

ワイルドウィリス(3台目) 金属磨き

連休にワイルドウィリス3台目のレストアを開始しました!

まずは、金属パーツの錆び落とし。
3Mのスポンジやすり「スポンジ研磨材 極細目 (O-8C)」が大活躍しました。
丸いパイプ類や、細いバネ類なども、しっかりと掴め、曲面にフィットした状態で磨けま
す。
強く力を入れて磨くと、サンドペーパーでいうところの320番に相当し、
やさしく磨くと、サンドペーパーでいうところの600番に相当します。

↓写真左が磨く前の部品、右が磨いた後の部品です。

 

この後、ボロ布にピカールをつけて磨くと、もう一段、ピカッと輝きます。

JUGEMテーマ:ラジコン

ワイルドウィリス(3台目)がやって来た。

ワイルドウィリス3台目が、やって来ました。

同じラジコンを何台も手に入れて、どうするんだ、何が楽しいんだ、
とお思いかもしれませんが、
同じ車種でも、それぞれボロボロ加減によって、また違う車に見えちゃうんです…。
それに、あまりに安かったから…。
オークションで3800円+送料で手に入れました。
おそらく、いつか新品を手に入れるまで、この収集癖は終わらない気がします。
 


□ボディー欠品多い。
なぜかドライバーの顔が、シリコンで埋められてます。
□金属パーツは、傷は少ないけど、サビが多い。
□タイヤは形は綺麗ですが、ヒビだらけ。
□泥汚れが凄い。
回数は少ないけど、派手に遊んで、バッチく汚して、そのままほったらかしにしてたのかなぁ。なんて思いながら、バラして分別しました。 洗えるものは洗いました。
ワイルドウィリスではアルアルネタの、
後輪のベアリングの固着が、左右とも無かったのが嬉しかったです。


下ごしらえ完了!
では、次回から、レストアに取りかかります!!

JUGEMテーマ:ラジコン

<< | 2/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM